• Home >
  • 無痛治療(静脈内鎮静法)

静脈内鎮静法を用いたリラックス無痛治療

静脈内鎮静法▲歯科麻酔医による静脈内鎮静法静脈内鎮静法とは、点滴による鎮静剤で浅い眠りの状態を作る麻酔法です。治療中の不安や緊張を軽減させ、全身疾患をお持ちの方や緊張の強い方などに大変有効です。

全身麻酔とは違い、多少の意識はあるものの、恐怖心が軽減された浅い眠りの中での治療となります。「お口を開けてください」といったこちらからのお願いにも応じることができ、会話をすることも可能です。

生体情報モニター▲生体情報モニター安全に手術が行われるように歯科麻酔専門医と生体情報モニターによる徹底した管理・監視で、手術中の患者さまの全身状態を細かくチェックしながら行います。不安の強い方でも安心して手術をお受けいただけます。

静脈内鎮静法が適応となる方

  1. 歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方
  2. 歯科治療中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしたことのある方
  3. 高血圧症、心臓病、糖尿病などの全身的な病気をお持ちで、全身管理が必要な方
  4. お口の中に器具が入ると反射的に“オエッ”と吐きそうになる方
  5. リラックスして、楽に歯科治療を受けたい方

静脈内鎮静法をお受けいただく際の注意事項

  1. 風邪などで体調がすぐれない場合には、事前に連絡してください。
  2. 処置当日は、処置開始4時間前から飲食はできません。これは、処置中に嘔吐した場合、吐物が気管へ流れ込むのを防ぐためです。必ず守ってください 。
  3. 処置当日は、締めつけの少ない楽な服装で起こしください。 モニターの誤作動の原因になりますので、ストッキングの着用は避けてください。また、全身状態を正確に把握するために、化粧、マニュキュアは落としてください。コンタクトレンズは、処置中は外してください 。
  4. 帰宅の際、自動車、バイク、自転車などのご自身での運転は避けてください。公共交通機関をお使いいただくか、もしくは付き添いの方による送迎をお願いします。
  5. 帰宅後、再び眠気やふらつきが出ることがあります。その場合は、無理をせずに横になってお休みください。

ページ先頭へ戻る