• Home >
  • 無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント

「歯茎を切らない」無切開で行うフラップレスインプラント

サージカルテンプレート▲サージカルテンプレートフラップレスインプラントとは通常のインプラントとは違い、歯ぐきを切開・剥離することなく小さな穴を開けてインプラントを埋め入れる治療法です。

切開しないので、痛み、腫れ、出血がほとんどなく、治癒期間が短いのが特徴です。

フラップレス術式には、主に二つの方法があります。

方法1:パンチやレーザーで施術する方法

切開・剥離せずに歯肉(歯ぐき)に小さな穴をあける

「専用のパンチ」または「歯科用レーザー」を使用し、歯肉に必要最小限(インプラントの直径分)の小さな穴をあけます。

メスで切開・剥離を行わないため、痛みや腫れ、出血を劇的に抑えることができます。

方法2:サージカルテンプレートを使用する方法

サージカルテンプレート▲サージカルテンプレート

インプラントの埋め入れ位置・角度が反映された
サージカルテンプレート」を装着し、
正確に最小限の穴をあける方法です。

  1. Step1「サージカルテンプレート」を装着し、ドリルで骨に穴をあける

    サージカルテンプレートを装着患者さまのCTスキャンデータからシミュレーションしたインプラントの埋め入れ位置・角度が反映された「サージカルテンプレート」を装着し、インプラントを埋め入れるための穴をあけます。術前のシミュレーションによる治療計画どおりの安全な手術を行うことができます。

  2. Step2インプラントを埋め入れる

    インプラント埋め入れ計画どおりの位置・角度・深さに開けられた穴へインプラントを埋め入れていきます。

  3. Step3その日のうちに仮歯をセット

    仮歯をセットノーベルガイド」システムを使用したシミュレーションを行うことで、術前に仮歯を製作しておくことができます。噛み合わせやバランスを技工士とともに入念にチェックいたしますので、若干のお時間がかかりますが、その日のうちに歯をセットしてお帰りいただくことができます。

無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント治療のメリット・必須条件

メリット 歯ぐきを切開しないため出血が少なく、手術後の腫れや痛みも大幅に軽減できます。
また、歯ぐきの治癒が早く審美性も向上します。
CT撮影とコンピュータ・シミュレーションによって
安全・確実に手術を行うことができます。
CTスキャンデータをもとに作製した「サージカルテンプレート」の使用で
手術時間が短縮されます。
顎の骨の状態が良く初期固定が十分な強度であれば、
手術当日に仮歯を装着することも可能です。
必須条件 CT撮影。
コンピュータ・シミュレーション・システムおよびテンプレート作製。
インプラントを埋め込む位置に充分な量の良質な骨があること。

ページ先頭へ戻る