セラミック技工物について

見た目を重要視する審美インプラント表参道インプラントセンターでは、単に歯を白くきれいにするだけでなく、色・つや・カタチなど技工物のデザイン面を重視し、クオリティーの高いセラミック歯をご提供しております。

セラミックインレー

奥歯の銀歯など金属の詰め物をセラミックで作るものです。ご自分の歯の色とほぼ同じ色調で、治療の跡がわからない仕上がりが可能です。

ハイブリットインレー

歯の治療に使われている新しい素材で92%のセラミックス微粒子とそれらを繋ぐ微量のプラスチックが理想的に混ざった新しい材料です。噛み合わせの相手の歯を痛めない柔軟性をもっています。

ラミネートベニア

歯の表面を少しだけ削り、その上につけ爪のような貝殻状のセラミックを接着させる方法です。変色している歯の色調の改善や小範囲の歯並びの改善、隙間の開いた歯の修復、歯の形態の改善に用いられます。セラミックのみを用いる方法のため、見た目が良く、汚れが付きにくい特徴があります。歯の表面を薄く(0.5mm程度)削るだけなので、歯にかける負担が少なく比較的簡単な治療で済む治療法です。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、被せ物(人工歯)の素材がすべてセラミック材料で作られています。金属類を使用するメタルボンドと違って、光を透すセラミック材料で出来ているので、天然の歯に近い透明感ある仕上がりになり審美性が求められる前歯に適しています。また、金属類を使用しないので、体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を行うことができます。

ジルコニア

ジルコニアは、デンツプライ三金が2005年に国内で初めて厚生労働省の許認可を取得したセラミック素材です。整形外科の分野では人工関節の材料として使用されるなど、大変強度があるのが特徴です。ジルコニアは腐食にも強く、体ともよく馴染むことから医療分野でも広く使われ、審美性の高い歯科治療の素材としても注目を集めています。オールセラミッククラウンにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。

ページ先頭へ戻る