• Home >
  • 治療を終えられた方へ

治療を終えられた方へ

治療を終えられた方へ表参道インプラントセンターは、患者さまに「安全で、長く使い続けられるインプラント」を提供していきたいと思っております。インプラント治療は、治療が終わったからすべて終了ではなく、毎日使っているからこそ、ケアやメインテナンスが大切です。

インプラント治療のメインテナンス・アフターケアについてご説明いたします。

歯間ブラシの使用方法

歯間ブラシ歯間ブラシには1(SSS)から5(L)までのサイズがあります。歯と歯の隙間は、お一人おひとり違いますし、ご自分のお口の中の状況もその時々で異なってきます。ご自分の歯ぐきの状態や使いたい部位に合ったサイズを選ぶことが重要です。歯間ブラシを選ぶ時のひとつの目安として、歯間ブラシを挿入した時、抵抗なく動かせるサイズを選ぶようにしてください。

また、サイズ1(SSS)が挿入できない時はデンタルフロスを使用してください。インプラント治療後のメインテナンスには、ワイヤーにコーティングが施されたものやワイヤーを使用していないものをお勧めいたします。

フッ素の使用方法

フッ素とは歯の質を強くする物質のことです。フッ素は歯の成分中のカルシウムと結合して、作られたフッ化カルシウムという化合物が歯の質を強化します。むし歯は、細菌(ミュータンス菌)の産生する酸によって歯のカルシウムなどが溶かされた状態をいいますが、フッ素はこれを防ぐための有効な働きをします。歯科医院にて歯にフッ素を塗布する方法のほかに、セルフケアとしてご自宅で行える方法もあります。

フッ化物配合の歯磨剤を使用する

歯科医院や施設などで行わなくても毎日の歯磨きでできる非常に簡単な方法です。

歯ブラシの毛の部分に半分ほど歯磨き材をつけブラッシングします。
ブラッシングの後通常どうり洗口してもかまいませんが、効果が高い方法としてはあまり洗口しないほうが良いので、通常どうりブラッシングした後、十分洗口 してその後再度フッ素を歯ブラシにつけ、軽く歯全体に塗りこむようにし、10分程度そのままにします。

デンタルフロスの使用方法

デンタルフロス隙間のない歯と歯の間や歯間ブラシが入らない歯の根元の隙間などに使用します。硬くなっているはしの部分を歯と歯の間に差しこみ裏からひっぱります。 太くなっている部分を磨きたいところに位置づけし、歯の右の側面、左の側面とに別けて出し入れしながら上下に動かしてください。

特に歯肉付近はデリケートな部分ですので、力強く動かしたり、ノコギリのように横に動かしたりすると炎症を起こしてしまいますので、必ず上下に動かして使用してください。

歯科衛生士によるPMTC

歯科衛生士によるPMTC毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れ(バイオフィルム)を専門の歯科衛生士が中心になり、専用機器を用いてきれいにクリーニングを行います。有害な沈着物(バイオフィルム)などもすべてきれいに清掃します。

歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなくあくまで心地よい範囲の刺激で行われます。

咬合調整

咬合調整噛み合わせは常に一定のものではありません。インプラントの上部構造装着後、患者様に合わせて3~6ヶ月に一度の咬合調整をする必要があると考えられます。治療終了後そのまま放置してしまうと、インプラントに過負担となり、補綴物が破折したり、歯周病が急に進んだりすることがあります。

定期健診では、レントゲンを撮ったり、口の中の衛生状態を見るほか、インプラント治療を行った部分がうまく噛み合っているかなどもチェックし、必要な調整を行います。

ページ先頭へ戻る