• Home >
  • 骨がない場合のインプラント|骨造成治療
骨が無い、薄い場合のインプラント
口腔外科専門医との連携
▲口腔外科専門医による骨造成

長い間歯を抜けたままにしておくと、顎の骨がやせ細ってしまいます。
そのような状態で「顎の骨が足りないのでインプラント治療はできない」と言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

表参道インプラントセンターでは、上顎の骨量が少ない場合などの骨造成治療(サイナスリフトやGBR)にも対応いたします。口腔外科専門医との連携により、緻密な診査・診断・治療計画のもと治療を行います。
骨がない、薄い、歯ぐきが痩せている、とあきらめていた方もまずはご相談ください。

ここでは、インプラント治療を行うための骨に関する様々な処置についてご紹介します。

サイナスリフト法(上顎洞挙上術)

サイナスリフト1
インプラントを埋入するには骨の高さが足りません

サイナスリフト2歯肉の側面を切開し、とシュナイダー膜をはがしていき、スペースに移植骨を埋めていきます。

サイナスリフト3インプラントを埋入するための高さが確保できました。骨がしっかりできるまでに約3~6ヶ月待ちます。

サイナスリフト4新しい骨が形成されたらインプラントを埋入します。

上顎の骨の上には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があります。上の奥歯が無い場合、時間とともにこの空洞が拡大し、インプラントを埋入するのに十分な量の骨が無くなってしまいます。これは歯がなくなることによる「歯槽骨の吸収」という現象です。

そこで、上顎洞に移植骨や骨補填材を充填して、上顎洞の底部分を押し上げ、骨が出来上がるのをまってからインプラントを埋入します。これがサイナスリフトという方法です。

GBR法(骨再生誘導法)

歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上に人工膜を置きます。歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。

ソケットリフト法

ソケットリフト法は、特殊な器具を使って上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入し、歯槽骨の高さを確保します。サイナスリフトが上顎洞までの骨の厚みが1~3㎜の場合に行うのに対して、ソケットリフトは3~7㎜の場合に対して行います。インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済むというメリットもあります。

ソケットリフト1歯を失った部分の骨の高さが足りません。高さが5mm以上あればソケットリフトの適応となります。

ソケットリフト2埋入するための穴を形成し、専用の器具を使って、シュナイダー膜を押しあげてゆきます。

ソケットリフト3人工骨または自家骨を補充します。

ソケットリフト4その穴にインプラントを埋入します。

歯科医

大多良先生より一言

各分野の専門医と連携したチーム医療

最近の日本のインプラント治療の傾向は、質の高い治療を行うところほど、専門医が分かれているところが多いようです(海外では各専門医が分かれているのが一般的です)。

  • インプラントの埋入、人工歯をセットする補綴医(ほてつい)(院長)
  • 骨造成や骨移植などの外科処置を行う口腔外科医
  • 静脈内鎮静法などの麻酔を行う歯科麻酔専門医

これらの処置をほぼ一人のドクターと衛生士でまかなう医院も存在しますが、大掛かりな処置になればなるほどドクターひとりにかかる負担は大きいものになります。手術前にドクター間で緻密なミーティングと治療計画を行い、それぞれのドクターの治療精度を上げ、時間的にも早い処置を行い、患者さまの負担を軽減します(外界に傷口をさらされる時間がインプラント治療の成功率にも影響をあたえます)。

表参道インプラントセンターでは、質の高い安心・安全な治療を行いたいとの考えから、このようなチーム医療でインプラント治療を行っています。

また、骨のある箇所を探して斜めに埋め込む治療法で、オールオン4という治療法があります。すべての歯を失った方でも、骨の移植をしたりする必要が無くなる可能性が高くなります。

ページ先頭へ戻る