1日で噛めるインプラント治療 All-on-4(オールオン4)

All-on-4(オールオン4)▲All-on-4(オールオン4)歯が1本も残っていない場合、従来では総入れ歯か歯の本数分のインプラントを埋め入れるという治療法でした。それでは経済的、心体的な負担が大きく、手術回数を含む治療期間も大変長いものになります。

最新のインプラント治療「All-on-4(オールオン4)」は、「無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント術式」を用いて、片顎につき4本のインプラントですべての歯を補います。手術をした当日に仮歯を装着することができ、その日の夕食から食事も可能です。

All-on-4(オールオン4)で入れ歯から固定式の歯へ

All-on-4(オールオン4)用の義歯総入れ歯の患者さまから、「よく噛めない」「うまくしゃべれない」など様々なご不満をよくお聞きします。
総入れ歯(無歯顎)の患者さまにとってインプラント治療をするメリットは大変大きなものですが、従来の方法では多くのインプラントが必要となり、手術回数が多く長い治療期間が必要となります。しかも、長期間総入れ歯で過ごしてきた方は顎の骨が吸収されて、痩せてしまっておりますので、骨造成(骨を増やす治療法)が必要となり、費用も高額となってしまいます。

表参道インプラントセンターで総入れ歯(無歯顎)の患者さまにおすすめする最新のインプラント治療が「All-on-4(オールオン4)」です。総入れ歯の方だけでなく、残っている歯がわずかな方にも大変効果的な治療法です。

>>All-on-4(オールオン4)による即日インプラント治療の流れ

All-on-4(オールオン4)の症例

CASE1すべての歯を失った症例(入れ歯からインプラントへ)

歯をすべて失ってしまった総入れ歯の患者さまです。ガタガタして噛みづらい入れ歯にご不満で、All-on-4(オールオン4)によるインプラント治療を選択されました。ガタガタの入れ歯からたった1日でしっかりと噛めるようになり、QOL(クオリティー・オブ・ライフ)が劇的に改善され、大変お喜びいただきました。

すべての歯を失った症例(インプラント埋め入れ後) すべての歯を失った症例(治療後)

ページ先頭へ戻る